The Power Praise レポート

秋田市土崎を拠点に活動するゴスペル・クワイヤ
ザ・パワープレイズ 通称「TPP」の最新情報を発信!
<< The Power Praise with KiKi/11月11日−12日 | main | The Power Praise with KiKi/12月9日−10日 >>
八峰町自殺予防シンポジウム / 11月13日
「八峰町自殺予防シンポジウム」に出演しました。
八峰町は、日本海に面した青森との県境にある白神山地の麓の町です(八峰町ホームページ)。そこに勤める保健師さんの熱心なお誘いにより、ゴスペルを歌う機会を与えていただきました。会場は、八峰町文化交流センター「ファガス」。海のすぐ脇にある施設です。当日は空がすっきりと晴れ渡り、しかし、前日までの悪天候で日本海は波高く勇壮な雰囲気。土崎からは1時間半のチョットしたドライブを楽しみながら会場に到着しました。

シンポジウムが始まり、会場にはたくさんのお客さんが入っているようでした。中休みの休憩になり、いよいよスタンバイ、緞帳の後ろで出番を待ちます・・・が、なかなか開かない。どうしたのかな?と思っていると休憩でいったん外に出たお客さんが戻るのを待っていた様子。アナウンスがあり、いよいよスタート!
1曲目は、「Amen」我々にはお馴染みのクマのリードですが、さて町民の方々の反応は如何に?緞帳がすーっと上がり、客席が見えると老若男女大勢の町民の方がいらっしゃいました。きっと初めてゴスペルを聞く人も多かったと思いますが、クマの熱い賛美をみなさん暖かい笑顔で聞いてくださっていました。
我らがノッチのあいさつの後、2曲目は「Oh Happy Day」今回はぜひ町の方々にも一緒に歌ってもらいたい!ということでミニミニワークショップを開催。とはいっても、時間もないので曲の最初の部分、コール&レスポンスの体験程度ですが。たどたどしい指導ではありましたが、みなさん大きな声で楽しそうに歌って、クラップして、乗ってくださっていて、その姿にこちらが(私が)感動してしまいしました。今回、Oh Happy Dayでは初ソロに挑戦したYちゃんのリードもカッコよく冴えています。もしかしたら、町の方々と心がひとつになったかも?なんて思ってしまいました(私だけか?)
続いて、再びノッチ登場。少しの間、証しの時となりました。実は、本番前に今は進学して秋田を離れている元メンバーから「自分も自殺を考えるような時期があったけど、ゴスペルに出会って生きる力をもらった。みんな頑張って!」というような内容のメールがあったのでした。
さて、3曲目は「ねんりんピックのテーマ」改め「愛の光に包まれて」。倒れても立ち上がることができる、愛されるために命が与えられたんだ!というメッセージを伝えるべく、心からの賛美を捧げました。賛美の時、会場に暖かい、力強い空気を感じていました。会場の方々も、初めて聞く曲のはずなのに、口づさんでいるようでした。
最後にもう一度、Oh Happy Dayをみんなで合唱しました。短い時間、少ない曲数ではありましたが、メンバーにはものすごい充実感があったようです。帰りがけに、よかった、感動した、と喜びの言葉をかけていただきました。本当にありがとうございました。

また、出演を依頼してくださり、万全の体勢で出迎えてくださった八峰町の関係者の方に心から感謝します。
このことを通して、たった一人の方にでも生きる力が与えられたとしたら、こんな嬉しいことはありません。自ら命を絶ってしまう不幸がなくなるよう、祈って行きたいと思います。
| The Power Praise | イベント報告 | 22:55 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ